個性にあわせた教育を選ぼう!

『みんな』と同じより、我が子が笑顔の方がいい

『みんな違って、みんないい』
詩人金子みすゞさんの詩から引用されたこの言葉は、以前テレビのCMにも起用され、とても有名になりました。
客観的に聞いていた時は、受け入れられた言葉でも、いざ自分の子どもが、『みんな』とは少し違う存在になってしまった時、簡単に受け入れられない言葉に変わってしまうのではないでしょうか。
学校になじめないといった個性に気づいてしまうと、保護者の皆さんばかりではなく、本人にとっても大きな悩みとなることがあります。しかし、学校という一つの社会になじめないことは、十分な教育が受けられなくなることと本来イコールであっていいことではありません。
近年、心理学や医学の発達により学習に支障をきたす様々な心身の症状への理解が深まり、フリースクールやモバイル端末による通信教育など子どもたちの個性にあわせた教育を選択できる機会が増えてきています。

豊かな人生のために教育を選択する

学校になじめない理由は、その子によってそれぞれ違いがありますが、脳機能に起因する発達障害を持った子どもたちや起立性調節障害など一般的に認知度が低く他人には理解にくい身体症状を抱えた子どもたちの多くは、いじめや心無い周囲の言葉で深く傷つくなど心理的な二次障害を抱えてしまうことも少なくありません。
生涯教育という言葉があるように、教育は子どものときだけ受けるものではありません。インターネットを利用して通信制大学の講義を受ける社会人がいるように、今の時代は豊かな人生を過ごすために大人になっても教育を受ける機会に恵まれています。しかし、それが、長い人生の始まりである子ども時代に、苦い経験のため閉ざされてしまうのはとても残念なことです。
生涯に渡り学び続けられる豊かな人生のために、個性にあわせた教育を選択することは、子どもたちに与えられる大きな財産なのではないでしょうか。

不登校高校生に対する学習支援のサービスを利用する際には、教員免許などを持っている専門のスタッフと話し合いをすることが肝心です。